だから、WEBデザイナーを辞めました

さらなる上を目指して。

これからデザイナーになる人は、本を読まずに手を動かそう

あるブロガーさんが30代でなれるか?という記事を書いていた。

 

相当な経験を積む覚悟があるなら可能、かな。

 

そりゃそうだ。

 

昨日、本屋行ったときにデザイナー向けの本がいくつもあった。

 

そこで自分が思ったのは、自分は本をまったく読まずにデザイナーになったタイプだ。

 

  

これからデザイナーになる人も、いきなり本は読まないほうがいいかも。

 

 

まずは素人なりでいいからデザインする。

 

 

そしてプロの人に見せて評価をもらう。

 

 

これを何度も繰り返して、

 

 

あるときに、ふと本が目に止まって、中身を見て感銘を受ける。

 

 

師匠が言っていたことはこういうことだったのか?と。

 

 

本を読んだくらいでデザイナーになるなら苦労しない。

 

 

とにかく失敗して

体で覚えるしかない

 

そこからは軌道に乗れれば大丈夫だと思う。

 

 

そして、こうやって何年かやってきて思うこと、1番大事なことは、

 

「どれだけ素敵な師匠の元で働くか」

 

だとおもう。

 

 

あ、もちろん、前提として「作ることが楽しい」人でないとね。

 

 

 

 なんとなく、察しがつくはず。

 

自分は作ること、好きになれるかな?って

 

それが可能性あるなら、

 

なんでもいいから

 

作ればイイ

 

名刺でもいい

 

ポスターでもいい

 

なんでもいいから、作ってみよう

 

 

そして、人に見せよう

 

 

そしてたくさん凹もう

 

 

何がダサいか

 

何がカッコいいか

 

 

それを肌で感じて研ぎ澄ましていこう