だから、WEBデザイナーを辞めました

さらなる上を目指して。

おすすめ!デザインのネタ探しするための参考サイト

今回は、普段デザイナーはどんなものでネタ探したりアンテナ張っているか、という記事です。


人それぞれなので、いち参考程度に見てくださいね。
きっと携わる職種によってもバラバラだと思います。

ですが、今回ご紹介するものは、けっこう誰でもデザイナーであれば
見るクセつけておくとおもいがけない武器になるかもしれません。

あまりにもチェックするサイトが多すぎるのもどうかと思うので
しぼっておくと習慣化しやすいと思います。

では、まとめていきます。

 

dribble

世界一有名なデザインと言っても過言じゃありません。
また、フラットデザインが広まったのはこのサイトが発端と言われているくらいです。
よく見るのは上のメニューの
shots > popular とかよくみています。
今どんなデザインが世界で作られているのか参考になります。
流行りが一目でわかります。
実践的なものよりも、先進的なデザインがメインです。

このサイトに投稿できるのは、選ばれしデザイナーのみなので
自分も招待されたいものです。

 

Pinterest

これもデザイン業界では超有名なサイトです。
好きな画像をどんどんピンにとめる感覚でアーカイブしていけれます。
ここは、dribbbleと違ってもっと身近な、
実際に案件として使っているデザインなのでとても参考になります。
LPみたいな長いページもひと目でわかって便利です。
デザイン案を探すならまずはここでネタ探しします。

例えば
「ビール」「LP」と検索すると、一瞬でデザインが並びます。
超楽しいですよ。

 

Collectui

ここはアプリのUIデザインを探すときに便利です。
左メニュー(PCで見た時)を見ると、各要素ごとにアーカイブされています。
どれもアイデアに溢れて面白いですね。
404ページですらワクワクさせてくれるものばかりです。

まとめ

今回はこの3つです。
デザイナーはやはり日々世界でどういう動きがあるかアンテナを張ったほうがいいです。
実際、そこから新しい案件で良い提案ができることはよくあります。

もうデザインは常に世界基準で見ていきましょう。
そこからどうローカライズするか。
日本人が好むデザインがあるのもたしかなので、
あくまでユーザー目線にたって、最適なデザインを作っていきましょう。

おまけ

最近、よく見るサイトに佐藤オオキさんのサイトもあります。
世界的なデザイナーになりましたが、しっかりサイトも更新されていてとても参考になります。
発想力というか、なぜこういうデザインをしたのか説明が書かれているのは大変嬉しいかぎりです。