だから、WEBデザイナーを辞めました

さらなる上を目指して。

ハイスペックiMac 5Kを1年使ってみた感想

さて、今回は「ハイスペックiMac 5Kを1年使ってみた感想」ということで、やたらスペックいいiMac 5Kの感想をまとめてみようがなっで。(津軽弁)


前回の記事はこちら
http://www.nexr.biz/entry/2015/06/28/090000www.nexr.biz

実は諸事項で上記エントリーは先月になっていますが、本当は去年の内容です。

スペック復習。

4.0GHz QC i7 Turboboost 4.4GHz
8GB 1600MHz DDR3 SDRAM-2X4GB + Transcend ノートPC用 PC3-12800(DDR3-1600) 16GB
3TB Fusion Dr (3TB+128GBFlash)
AMD Radeon R9 M295X 4GB GDDR5

結果からいうと、大満足ですがスペックを活かす機会がまだまだ少ないなと。
逆にハイスペックにしすぎたかもなって思う。
10年は使えるだろうと思って最高スペックにしたけど、どうだろ〜



画面の綺麗さやサイズについて

これはあんまり言わなくてもわかると思いますが、やはりとにかくキレイ。そして画面が大きすぎるので、ちょっとゆがんで見える錯覚さえしてしまうくらい。しかしこのサイズに慣れてしまうと他のMac辛いかも?って心配になったけど、そうでもなかったですね。
あと、横サイズが大きいので、ブラウザを2つ並べて作業が容易です。Youtube見ながらとか余裕です。
難点としては5K対応の壁紙が少ないってことかな。


ファンの音

2個目がこれ?って思うかもしれないですが、Macbook Airを使っていて不満だったのはyoutubeなど見ているときにファンが鳴り始めてうるさくなることでした。
これが勝手にハイスペックなパソコンにすれば無音なんだろうな〜って決めつけていました。
結果、ちょっとファンの音します!無音ではないですが、そこまで大きい音でもないです。



メモリ増量の恩恵

今回は買う前に色々調べた結果、8GB + 16GB別途購入で合計24Bにしています。
8GBと16GBを比べたわけではないですが、例えばPhotoshopの立ち上がりなどはとっても早い。
やはりハイスペックにして一番の恩恵はこれですね。
ブラウジングも早いっす。回線速度も大事ですがパソコンのスペックもやはり大事ですね

あとシンプルに、いろんなソフト立ち上げても動きがまったく重くならないことがとても幸せなことだなとしみじみ感じます。デザインやらブログやらしながら動画見て、何してもサクサク動くのはすばらしい。って最近は当たり前かもしれませんが、会社はMac bookで頑張っているので(笑)



まとめ

まとめると・・・
動画編集しょっちゅうやらない人はここまでスペックあげる必要はまったくないです(^^;
CPUとビデオボードは上げなくてもよいかな。

たしか合計税込み・・・

f:id:nexr:20160810073845j:plain


くっはぁ〜・・・・・・・・


正直ね、正直言うと、最近あまり触る機会なくてiMac5K売って、Macbookpro買おうとしたんですが。
まぁそこは思いとどまりました。

いまこうやってiMacで作業しているとやはり快適です。


問題は、このパソコン部屋にエアコンがないから触りに来る機会が減っていました・・・


暑い・・・

今週末にエアコン設置無料見積もりにくるので、それでどうするか・・・


あ〜なんぼあっじいば(津軽弁)